FC2ブログ
THE大衆割烹・青奈
宇都宮の片隅で。

いちから仕込んで、作り置きは、しない。
そう、”仕込み” と、“準備” は、”別の仕事”
“仕込み”は、”美味しい料理を仕上げる為の下地作り”

そして、
熱い料理は、ちゃんと熱く(器も温かく)
冷たい料理は、ちゃんと冷たく(器も冷たく)
お客様に提供する。が、青奈の基本中の基本。

大皿料理や飲み放題は、一切ありません。

ひとつ・ひとつ・の料理と、イイおサケで、
かしこまらずに和食な夜を
ゆっくり楽しんで頂く割烹店です。

…んっ! ってことは、
“緊急事態宣言 及び 時間短縮営業”
…こーゆう場合って、
絶対的に不利じゃねーか!と、
気付くの遅い51歳(笑)

だからといって、
時短営業用メニューとか、“思いつかない”
たまーに、”持ち帰りの注文入ると焦る”
不器用な51歳(涙)

時短営業期間は、とにかく、
“リミッターぶっちぎり” で動いて、
“いつもの青奈の味を、少しでも早く提供”
それしかない!オヤジ働きます!
…若干老いぼれてきましたが(笑)

とは、いっても、
現実、そう甘くない…
時短営業実施中の1月20日現在、
来客ゼロの日の記録更新中(涙)
※誠に勝手ながら、
 定休日以外も休業させて頂く場合がございます。
 何卒、御了承下さい。


“一日も早く
安心して街へお出かけできる日常が
戻りますように” 祈願。



9A1F4816-BD2F-4F19-8E3B-5BF9678156A6.jpeg
初荷で仕入れた淡路の釣りアジで、
「青奈流たたき」

79226473-8476-4774-B72B-6C32B11EA574.jpeg
舞茸や旬の白身魚を用いて、
「冬の土瓶蒸し」

9899EBEC-E65B-417B-8A1C-A7F139BFE596.jpeg
季節の限定地酒「初しぼり」



古き良き割烹の灯を青奈から




本年も宜しくお願い致します。






















スポンサーサイト



THE‼️大衆割烹 青奈
宇都宮の片隅で。

季節料理青奈12周年を目前に、
ここが踏ん張りどころ。
ブレずにコツコツやります。

まずは、何より清潔第一❕
コロナ対策はもちろん、
日々、お客様から見えない箇所もマメに清掃。
当たり前のことですが、
料理人は、きちんと白衣を着て調理する。
32年前の修業時代の教えを今も。

“青奈の、やり方”
仕入れる食材は「中の上」
素材を売るのではなく、
仕事(調理)を召し上がって頂く。
コレも修業時代の親方の教えを今も。

…時に、初来店のお客様から、
「この店の、コレだ!ってモノは何?」
と、問われます。
それに対して、
“和食は、総合で味わう料理” と、
わたくしは考えておりますので、
当店には、インパクト強い逸品料理はございません。

IMGP3063_convert_20141011125627.jpg
“生粋の出し汁” そして “旬” と共に、

和食の五法
9F24C3B0-F71A-44F2-84F8-2CE11D53B950.jpeg
生(切る).例)天然九絵造り。

AAF16D5D-CCF9-4683-AAD4-E66B49061775.jpeg
焼く.例)天然真鯛白子焼き。

2018030707070587b.jpg
煮る.例)会席料理の焚き合わせ初春。

20191017193430a4a.jpg
蒸す.例)あん肝。

20181111175021ce5.jpg
揚げる.例)串揚げ色々。

を、総合的に味わって頂きたく思います。

…とはいえ、
かしこまった店ではありませんよー(笑)
青奈は「大衆割烹店」なのだ〜‼️

201811251633023d0.jpg
シメに、支那そば(麺半分のミニ)とかあります。
ブレてません(笑)
スープには生粋の二番出し汁を使ってますから。


DD047BA6-3ABA-4229-98D4-9ABC17DAB026.jpeg
当店は、全面喫煙可の料理店です。
賛否両論あるとは思いますが、
例えば、日本独特の文化の茶道では、
「宜しければ一服どうぞ」と、
“お茶の提供後に灰皿を提供する” 作法があるそうです。
わたくしに ”茶の経験“ はありませんが、
“お客様が一服できる店づくり“ も、
「日本のおもてなしのひとつ」と、
考えております。
ただ、くわえタバコや歩きタバコ等のままの、
御入店はご遠慮下さい!
灰皿のある場所に座ってから一服しましょう。

もうひとつ、
なるべく
靴下着用(女性はストッキング着用可)の上
御入店下さいますよう お願い申し上げます。
決して、敷居の高い店ではありません。
カジュアルでOK❗️
ただ当店は、入り口で靴を脱いで上がって頂く、
“店内.全小上がり座敷” と、なっております。
お座敷で和食を楽しむマナーとして、
靴下着用での御入店を、お願いしております。
“せっかくの外食、オシャレは足元から”
ですよね!
サンダル&裸足より、
靴&靴下のほうが、皆様ステキです‼️

長々と綴りました…

最後に、
時代に乗れない青奈ですが、
宜しくどーぞ。

10月の12周年感謝企画を考え中ですが、
まだ浮かんできません(笑)